インタビュー

業務効率を格段に向上させます!
「ラクラク電子契約」


株式会社デジタルストレージ
システム開発ディレクター 矢倉 基裕 氏

株式会社デジタルストレージ システム開発ディレクター 矢倉 基裕 氏

株式会社デジタルストレージ 
システム開発ディレクター 
矢倉 基裕 氏

電子契約のメリットのひとつである「印紙税の削減」が広く知られるようになり、そのメリットを活かすために電子契約に踏み切る企業が多くなりました。一方、印紙が不要な契約であっても電子化したいが、できるだけ手間をかけたくないという企業のニーズも高くなってきています。そこで、ラクラク電子契約を提供している株式会社デジタルストレージ システム開発ディレクター 矢倉 基裕 様に概要を伺いました。

「ラクラク電子契約」の魅力とコンセプトを教えてください。

矢倉氏-
その名前の通り、楽に電子契約をご利用していただこう、電子契約を使って楽に業務をしていただこうというコンセプトでサービスを提供しています。そのような意味でも、初期のシステム登録業務をできるだけ簡単にして、併せて契約書のアップロードから電子署名付与までの作業も直観的で簡単に操作していただけるように工夫しています。そのため、たった2ステップ、約5分で操作が完了できるのも魅力のひとつです。

「ラクラク電子契約」の具体的なサービス内容を教えてください。

矢倉氏-
現在は、「基本サービスプラン」と建設業向けの「安全協力会プラン」、「ファイル保管プラン」の3つのプランを提供しています。
「基本サービスプラン」は、契約当事者である2社間において、契約書をアップロードし、双方が電子署名を付与して、Web上で契約を成立させることができるサービスです。

また、建設業では元請企業様と下請企業様との間で構成する安全協力会において、安全管理に取り組み、かつ、継続的な取引をされているケースが多くあります。「安全協力会プラン」は、安全協力会の元請企業様と下請企業様との間で電子契約をご利用いただけるサービスです。安全協力会の会員様にシステム登録をしていただければ、元請企業様との契約に関して毎月定額でご利用していただけますので、大変お得なプランとなっています。
3つめの「ファイル保管プラン」は、建設業に限らず様々な事業者様を対象にした、ご契約先と契約を締結される際にラクラク電子契約のシステムを利用していただき、最終押印時に電子署名を付与し、契約書をシステム上に保管するサービスです。毎月一定契約数までを定額でご利用いただけますので、こちらも大変お得なプランとなっています。

JCAN証明書を組み合わせる魅力はどのようなことでしょうか?

矢倉氏-
弊社グループ企業がLRA(※1)として、JCAN証明書を発行し、ラクラク電子契約のシステム内で管理しています。システムにご登録いただいた企業様にJCAN証明書を配布し、契約書にJCAN証明書で電子署名を付与していただいていますが、システムの利用申込とほぼ同時にJCAN証明書をご利用いただいています。
JCAN証明書は、セキュリティが高いだけでなく、安心で安価な電子証明書ですので、ラクラク電子契約にとってもシステムのご利用企業様にとっても大きな魅力になっています。
※1 LRA…Local Registration Authority(JCAN証明書の本人確認および証明書の発行要求/配付等を行う事業者。

お客様に提案できることはどのようなことでしょうか?

矢倉氏-
印紙税の削減はよく言われていますが、印紙が必要のない契約であっても電子化することで事務に係る手間や郵送費等の経費だけでなく、紛失することもなくなります。電子署名を付与することにより、改ざんされていないことの確認も容易になります。また、電子ファイルは保管場所の心配も要りませんし、さまざまな条件で簡単に検索して閲覧することができますので、こうした事務経費削減や事務作業の効率化という点は、建設業界に関わらず、広くさまざまな業界の方にもお勧めしたいと思っています。

必要なシステム構成を教えてください。

矢倉氏-
ASPサービスですのでアプリケーションのインストールは一切不要です。インターネットに接続していれば、主要なブラウザでのご利用、また、タブレット、スマートフォンでも主要な端末でご利用いただけます。取引先企業様にもシステム登録をしてご利用いただくことになりますが、取引先企業様の登録も非常に簡単にできるようになっています。さらに、ご登録企業様間のシステム利用料の負担割合や契約形態に応じたカスタマイズが可能です。
費用は、初期登録料はかかりません。毎月のご利用料金も上記プランの通り、定額制、または従量制を選択いただけます。
契約書ファイルは、PDFファイルに対応しています。ワードファイル、エクセルファイルもアップロードすると自動的にPDFファイルに変換されますので、ご利用可能です。また、契約書には印影が付与されますので、見た目にも大変わかりやすい形となっています。

印影イメージ

印影イメージ

電子署名イメージ

電子署名イメージ

今後、どのような展開を期待していますか?

矢倉氏-
現在は、建設工事などの請負契約をメインに、継続取引の基本契約(代理店契約・特約店契約等)などにご利用いただいています。また、登録企業様のご要望に応じて、遠隔地にいらっしゃるお客様とその登録企業様が一度も対面することなく契約を交わすことができるよう、システムをカスタマイズしてご利用いただいているケースもあります。
今後は、法人形態だけでなく、個人の方の広いご利用も視野に入れて、金銭消費貸借契約や賃貸借契約にもご利用していきたいと考えています。個人のご利用者様の利便性を高めるため、タッチパネルでの手書き電子サインにもシステムで対応できるようにしていく予定です。

(2016年2月)

○会社概要○

<社名>株式会社デジタルストレージ
<所在地>
〒530-0001大阪府大阪市北区梅田2丁目6-20 パシフィックマークス11階
<URL>http://digitalstorage.jp//

DigitalStorage